ウインナーさんタコ

主に多肉植物、たまに動物と旅

スポンサーサイト

Posted by イビ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田端で招き猫でビートたけしの商店街のはなし

Posted by イビ on   0 comments   0 trackback

田端駅を出て北にしばらく歩くと明治通りに出ます。
明治通りを折れてなんでもない道に入ると尾久銀座です。
お昼にココを歩いていたら、3つも発見。
「頭がビートたけしの招き猫」です。なぜだ?つづく...
東京都荒川区東尾久4丁目
Latitude : 35.743322
Longitude : 139.766918

2つはふつうのサイズの招き猫サイズ。
もうひとつは二ノ宮金次郎像が乗ってそうな台座の上にどーんとデカイのを発見、でもこのデカイのは建物の奥のほうの暗がりで横を向いてました。
見つけた日は、東京の商店街にはたけし顔の招き猫があるのがデフォルトなんだなって無理やり納得してみたんですが,,,なんかひっかかる。3つもあるし、1つはでかいし。
で調べてみました。

■商店街について
最初は商店街の名前すら知らなかった。「オグギンザ」です。
尾久銀座は結構長くて、にぎやかで熊の前商店街とつながっているらしい。

■たけし顔の招き猫について
こっちは覚えてました、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出てました。
早朝バズーカとかダンス甲子園とかが懐かしい
正式名称「たけし猫まねき」

たけし猫まねきっていう正式名称が出てきて検索し直すと、「熊の前商店街」との関係が見えてきました
じつは...
元気が出るテレビで商店街復興の企画があってその象徴として作られたのがたけし猫まねき
20年も前の話みたいです
「ここにくれば幸せになれる・・・熊の前商店街」っていうキャッチコピーもあったみたい
いまでもその当時のポスターが貼ってあるらしい(未確認)
などなど、なぞが解けてすっきりです

でっかいたけし猫まねきが暗がりに放置してあった理由もわかりました。
ビートたけしのフライデー事件が起きたときに片付けたんだって、へぇ~

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibizanhound.blog114.fc2.com/tb.php/17-c5aa53b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。