ウインナーさんタコ

主に多肉植物、たまに動物と旅

スポンサーサイト

Posted by イビ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の途中の白神岳

Posted by イビ on   4 comments   0 trackback

10/12(火)の朝はやく




ここまで青森・秋田をだらだらと旅をしてきたが
ついにこの旅の真の目的を果たす時がきたのだ!

それは「白神山地の紅葉を見る」だっ!
ナマハゲ探しでも
りんご狩りでも、稲庭うどんでもないのだ!

白神山地は日本にある世界遺産のひとつ。
青森と秋田をまたがるブナの原生林で有名。
白神山地(wikipedia)

白神山地へのアプローチはいろいろあります。
ドライブがてらにちょちょいと滝を観るようなコースから白神岳登山まで。
はるばる東北まで来たので、白神山地らしさがより味わえるであろう白神岳登山を選択しました。


大きな地図で見る


ガイドブックを見ると
登山にかかる時間は9時間(往復)で上級者向けコース
山を歩くのは2年前の屋久島以来だし、
夏の間はジムにも行ってなかったのでお肉がたくさん付いたし、
へこたれ体質だし。
不安いっぱい

PA121828.jpg
五能線の始発に乗って
白神岳登山口駅に到着、7:00

PA121827.jpg
駅近くに登山口があります
海も近い

PA121833.jpg
登山口広場に到着
ここまで舗装された登り道をすでに30分歩いてます
あータクシーのりたいわー
地図の現在地から地図上部の最高点まで歩きます

距離にして5~6km、標高差1,200m
6kmって距離はそんなに遠くないぞ…
標高差1,200mっていうのは登山の後に知りました

広場の建物には
クマ出没注意の張り紙、
さらにその隣にはこの人探していますの張り紙。
おれ、帰れないかもしれないっす

PA121834.jpg
登る

PA121848.jpg
ひたすら登る

PA121855.jpg
前を歩く登山客2人は鈴をちりんちりん鳴らして歩いてる
自分はなにも持ってない
おれ、やっぱり帰れないかもしれないっす
おれ、熊怖いっす

PA121864.jpg
紅葉はまだはやいのか

PA121857.jpg
最後の水場到着!
水場っていっても小さい沢の水が溜まってるところに
ホースが出てるだけ。水うまし。
やっと半分ぐらい登って来た

白神岳登山 地獄編につづく

Comment

garachu says... "本格登山!"
往復9時間!
すごい距離ですね。
クマは本気でこわい~。
白神山地って海の近くなんですね。
海の近くの山ってなんだか良いなー。
2010.10.17 02:27 | URL | #- [edit]
しぇん says... "No title"
なんと登山だったんですか!
すごいなぁー!
心肺機能がヘタレなので登山と長距離走はムリです(笑)

紅葉はまだ早いんじゃないかな?
うちのあたりでもまだですよ。
最近くまの被害が続出してるからなにもなくてよかったですね。
うちの母方の実家はクマのでるところだったので、裏庭の斜面に植えたスイカや桃、ソルダムなんかが食べられていて、夜犬が吠えると鍋をたたいて騒いでました。
子供の頃家の周りを歩いていると思うと怖かったですわー(笑)
2010.10.17 20:12 | URL | #7UhO1o1U [edit]
イビ says... "garachuさんこんばんはー"
時間長いですよねー
登山経験なんてほぼないので
どのくらい辛いかが、登る前はよくわかりませんでした…
もう当分登山は遠慮します(笑)

葉っぱが落ちただけの音でもビクっとしてました。
自分の前後にはまったく人気がないし

頂上から海が見えました。
海側から冷たい風がビュービュー吹いて気持ちよかったです
2010.10.17 23:16 | URL | #zkVuqknE [edit]
イビ says... "しぇんさんこんばんはー"
はいー登山となりました。
私も長距離走キライです。
そんな私にはかなり無茶でした。

紅葉は次の記事にてご確認ください!
標高が高いとさすがに紅葉してました

登山前に止まってたホテルで見るニュースは
熊のことばっかりです
かなりあおられてました
鍋持っていってたらよかった(笑)
2010.10.17 23:27 | URL | #zkVuqknE [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibizanhound.blog114.fc2.com/tb.php/315-d8bf3ed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。