ウインナーさんタコ

主に多肉植物、たまに動物と旅

スポンサーサイト

Posted by イビ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まき実験室

Posted by イビ on   0 comments   0 trackback

台所の窓辺
Untitled

とあるサイトで、
ハオルチアの実生方法が紹介されてました。
1.耐熱ボトルに土を入れてレンジでチンして殺菌
2.タネにカビキラーを吹きかけて殺菌
3.土を湿らせる
4.タネを蒔いて、フタをして発芽を待つ
この方法、とても発芽率がよいそうです。

やってみたい!と思ったけど
ハオルチアのタネがない。
ということで他のタネで実験してみました。

ウチにあったのは、リトープス、ウバダマ、フライレア、松露玉。
ウバダマは薔薇街道のsaeさんにいただいたものです。
2月下旬に種まきしました。

リトープス
Untitled
ボトルの透明度が低くて中が見難いですが、
緑色見えますか?
けっこうな発芽っぷりです。

松露玉
P4186287 - バージョン 2
松露玉っていうのはド小さいサボテンです。
実生がなかなか難しいのです。
今まで何回か挑戦しましたが、
発芽した後いつの間にか消えていました。
今回は・・・
いっぱい発芽してます!ヘリのところに緑の粒が見えます。
湿度高めが好きな松露玉なのでこの方法はあってるのかも

いまのところ、ウバダマもフライレアもうまく芽を出して
どれも順調に育ってます。
うまく写真撮れませんでしたけど


良い点
水やりしなくてよいです。
水やり忘れて干からびる心配が少ないのは私にはとっても良い点です
あと、外気と触れないので腐らせる可能性が減る。
フタを閉めた時点で菌が入ってたらダメですけどね

悪い点
ビンの口が狭いから、植替えのときめんどくさいだろうなぁ
入り口近くまで土を入れた方がよかったのかも

腐りませんように (-人-)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ibizanhound.blog114.fc2.com/tb.php/426-009b6829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。